FC2ブログ
2011.02.25 偏愛MAP
まいどSHIMOです。

先日お客様Kさんの紹介で「偏愛MAPセミナー」に参加させていただきました。

偏愛mapとは、明治大学文学部教授 齋藤 孝さんが考案したコミュニケーション法で、初対面でも仲良くなれる
方法。

人間には必ず人には言えない変なこだわりがあって、人にはあまり話したくない変なものが好きだったりする。自分の偏愛をできるだけたくさん紙に書き出して(偏愛マップ)見知らぬ相手と交換すると、ものの1分もたたないうちに、心がうち解けて話が盛り上がるという。

岡本 信広さんの偏愛mapの例  (ネット参照)

合コンで、この「偏愛マップ」をお互いに見せ合うゲームをすると驚くほど盛り上がり、相手のマップを見るとどんな控えめの人でも黙っておれなくなるらしい。それほど「偏愛マップ」には魅力がたくさん詰まっている。この「偏愛マップ」は具体的に書かなければ効力を示さない。書くことを繰り返していると、だんだん自分自身の魅力度を上げ、将来は「偏愛マップ」を書かなくても魅力的に演出することができるし、また、相手の顔を見るだけで「偏愛マップ」が見えてくるそうで、誰とでも付き合いが楽しくなる。ということです。

実際にセミナーでは、自分の偏愛mapを作成し、初対面の方とmapを見せ合ったら一瞬でうち解けることができましたよ。好きなタレントや好きな映画が同じだったりして、かなり盛り上がりました。
時間が足りないくらい楽しかったです。

是非、職場や友人とためしてみてほしいです。大発見があり更に仲が深まるかもしれませんよ。



スポンサーサイト